全学連(伍代委員長)

戦争とファシズムに突き進む安倍連合政府を打倒しよう! 日帝国家権力解体!
三里塚・市東氏農地強奪阻止決戦へ!
右翼・ファシスト撃滅!反革命革マル・木元グループせん滅!

全日本学生自治会総連合(伍代委員長)

警視庁公安刑事による
5.23 全学連の仲間への暴行をゆるすな

公安・佐々木
暴行を振るってきた、公安警察・佐々木

 すべての労働者人民・被差別大衆のみなさん!

 5.23闘争実行委員会と、反戦青年委員会・全学連は本年5.23狭山中央闘争を闘いぬいた。

 この闘いに憎悪を燃やした警視庁公安1課の公安刑事・佐々木が、全学連の仲間A同志を突き飛ばし靱帯損傷を負わせるテロを仕掛けてきた。

 権力のテロ・弾圧への断固たる反撃・報復戦にたとう。

公安警察・佐々木のテロを許すな

 2017年5月23日は、無実の部落民=石川一雄さんを、埼玉県警が女子高校生誘拐殺人事件で部落差別によってでっちあげ不当逮捕(別件)してから54年目の日である。東京高検は今も無実の証拠を大量に隠しもっている。東京高裁・高検はともに2審「無期懲役」でっちあげ判決を維持し、第3次再審請求棄却を狙っている。この日、5.23闘争実と反戦・全学連の部隊は高裁・高検に対する怒りの糾弾闘争を闘った。

 最初に高裁前で「狭山差別裁判糾弾」「階級裁判粉砕」と怒りのシュプレヒコールをたたきつけ、部隊は歩いて高検前へと移動していく。この糾弾行動を直近で監視し弾圧を策動していた公安どもも部隊を尾行してくる。この公安どもに「警察による狭山闘争弾圧を許さんぞ」「石川さんへのでっちあげ逮捕を許さんぞ」と、闘う部隊は怒りの追及を行う。

 これに対し公安刑事・佐々木は「公安が逮捕したんじゃない」などと言ってのけた。ここで特筆すべきは、この輩は石川さんの無実を百も承知の上で、逮捕をしたのは自分(たち公安)ではないなどという言い逃れをしていることである。そして、のうのうと石川さんへの部落差別、「無期懲役」判決を維持する狭山闘争弾圧を先頭で行っているのだ。

 今も、狭山闘争を監視し集会に潜入し、弾圧し潰そうとしているのは公安警察らである。石川さんの言動を日常的に監視し再収監しようと「見えない手錠」を握っているのも公安警察らである。そのような公安が狭山闘争弾圧を居直ろうとすることは許せない。

170523boukou1.jpg(25512 byte)
包帯を巻いた足首
170523boukou2.jpg(13155 byte)
真っ赤に腫れ上がる足首

 全学連のA同志が、「おまえら、無実の人を31年以上も拘禁したことをどう思っているんだ」と振り向いて後ろを歩いていた佐々木に怒りの追及をおこなう。すると、追い詰められた佐々木は許すまじきことに、両手でいきなりA同志を突き飛ばしたのだ。トラメガ(拡声器)をたすき掛けして持っていた同志は、体を斜めにして倒れ、左足首をひねった。A同志はしばらく立てなかったが、立ち上がり、ほかの仲間とともに佐々木ら公安を弾劾した。そして高検前に移動して高検糾弾行動を貫徹した。この糾弾行動の最中に、同志が佐々木の暴行を追及したところ、佐々木は「おまえが勝手に転んだんだ。おまえら自分で転ぶの得意だからな」などと繰り返しごまかしていた。徹底して居直り、国家権力が労働者人民に行う暴力・テロを正当化し、今後もやり続けることを宣言しているのである。

 A同志はその後も、狭山中央集会に合流し、デモを貫徹した。しかし、その夕方には左足首が腫れ上がり、激しい痛みに襲われた。次の日に病院に行くと「捻挫」「靱帯が損傷している。極力歩いてはいけない」「全治2〜3週間」という診断であった。その後も痛み、歩行の制約・困難、通院(費用)も含めて日常生活にも多大な困難が生じている。

テロに反撃・報復し、国家権力を解体しよう

 我々はこのような国家権力の暴力も居直りも絶対に見過ごさず、許さない。

 沖縄・辺野古でも、機動隊の暴力が闘う仲間たちに襲いかかっている。

 支配階級=資本家階級とその共同利害態である国家権力(とりわけ警察、軍隊、監獄など)、ファシストらが階級支配を維持するために労働者人民に行使する暴力は、無制限である。しかし、この敵の支配・暴力に対抗し解放を求める労働者人民、被差別大衆の暴力は「テロ」「テロリスト」などと排撃される。国家権力らのひとつひとつの労働者人民への暴力行使を我々は許さない。一人の労働者人民の虐殺も打撃も許さない。弾圧・テロ遂行機関を徹底追及し、反撃・報復する。

テロをおこなった公安・佐々木を絶対に許さない。警視庁を追及しよう。

 

全学連と共に闘おう! 連絡先・連絡方法はこちら               home              17.05記