全学連(伍代委員長)

戦争とファシズムに突き進む安倍連合政府を打倒しよう! 日帝国家権力解体!
三里塚・市東氏農地強奪阻止決戦へ!
右翼・ファシスト撃滅!反革命革マル・木元グループせん滅!

全日本学生自治会総連合(伍代委員長)

すべての新入生・学友は、武装し闘う全学連に結集して共に闘おう

安倍政府を打倒しよう!

改憲―戦争突撃をゆるさない!
革命的学生運動を全学連とともに闘おう! 軍事研究をゆるさない!
三里塚─市東さんの農地強奪阻止決戦に起とう!
沖縄・辺野古新基地建設を実力阻止しよう!

 安倍政府は労働者人民の怒りに追いつめられています。ファシストによる学園設立への国有地の大幅値引きである「森友問題」や文書の改ざん問題、さらには自衛隊の「日報」隠蔽問題など、次々と問題が噴出しています。

しかし、今国会では、この危機を突破をかけ、戦争と改憲、さらには労働者をさらに酷使する「働き方改革」関連法などの制定へと突き進んでいます。

 改憲は、戦争突撃と一体の攻撃です。焦点は、「9条改訂―自衛隊明記」と「緊急事態条項」の創設です。”戦争放棄や戦力不保持、交戦権の否認”を空文化させ、現実に、自衛隊が朝鮮半島あるいは全世界に出兵し、戦闘をおこない、労働者人民を虐殺することへの大きな踏み込みです。

 また、緊急事態条項は、独裁的権力への道にほかなりません。ナチスによる全権委任法にならって、いったん緊急事態が宣言されれば、内閣が、法律と同一の効力を有する政令を制定することができます。ファシズム権力への重大な攻撃です。

 さらには、米帝国主義・トランプと連携して、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の「脅威」と排外主義を煽っています。独自の経済制裁をおこない、「対話より圧力」と戦争衝動を強めています。

 改憲攻撃を粉砕しよう。日帝の戦争突撃を阻止しよう。安倍連合政府を打倒し、日帝国家権力を解体しよう。

沖縄・辺野古新基地建設を阻止しよう

 沖縄労働者人民の多くの反対の声や行動を踏みにじり、辺野古新基地建設が強行されています。海に砕石が投下され、護岸工事が続いています。6月にも本格的な埋め立て工事が狙われています。

 連日、海上・陸上で阻止行動が闘われています。この闘う仲間たちに対して、機動隊や海上保安庁が暴行を加えています。絶対に許せません。沖縄労働者人民に連帯し、建設を阻止しよう。相次ぐ不当逮捕をゆるさない。

 辺野古現地に駆けつけ、ともに闘おう。4.28-5.15沖縄人民解放闘争を闘おう。

市東さんの農地を守り抜こう! 三里塚に勝って戦争をとめよう!

 三里塚闘争(=成田空港建設粉砕闘争)は、重大な決戦局面を迎えました。

 政府・国土交通省・成田空港会社は、反対同盟・市東さんが3代100年にわたって耕作している農地を強奪しようとしています。裁判も続いています。

 成田空港は朝鮮半島有事の際には50万米軍の兵站・出撃拠点になります。戦争のために、反対同盟農民を叩き出し、三里塚闘争を破壊しようとしているのです。

 〈空港絶対反対、徹底非妥協、実力闘争〉で闘う反対同盟と連帯し、現地実力攻防、農地死守決戦を爆発させよう。新たな滑走路建設と騒音の拡大をゆるさない。空港廃港に向け闘おう。5.5-6三里塚援農交流集会に集まろう。

天皇代替わり=天皇制永続化攻撃を粉砕しよう!

 安倍政府は、天皇アキヒトの「退位」を2019年4月30日、皇太子ナルヒトの「即位」を5月1日という日程を決定しました。

 この「天皇生前退位」攻撃は、安定的な皇位継承を図るとともに、天皇・天皇制こそが日帝国家の中心であると、アキヒト自らが先頭でつき出すものです。

 日帝国家の支配や差別の元凶であり、数千万のアジア人民を虐殺し、侵略・植民地支配をおこなってきた天皇ヒロヒト、そしてそれを引き継ぐ天皇(制)の永続化を許すわけにはいきません。

 反革命国民統合を打ち破り、代替わり、Xデー(天皇死亡と戒厳態勢・弾圧)攻撃を粉砕しよう。改憲─天皇元首化攻撃を粉砕しよう。差別主義・排外主義と対決して闘おう。「日本会議」や「在特会」など右翼ファシストは、朝鮮総連への銃撃、在日朝鮮人に対する排撃を繰り返し、“ヘイトスピーチ”をも強めています。在日朝鮮人・中国人、滞日アジア人民と連帯しこれと対決し、反撃・報復しよう。

革命的学生運動を闘おう! 軍事研究をゆるさない!

 学生にたいし、受験で終わることなく就活など競争と分断が強いられています。高額な授業料で「奨学金」という名の教育ローンが今後の生活に重くのしかかる学生も多くなっています。人文系の廃止が狙われ、理系では、軍事研究が次々と進められています。

 また、森友学園だけではなく、教育勅語を児童・生徒に教え込ませるということが狙われています。政府・文科省は、これを否定せず、むしろ推進しています。断じてゆるせません。

 学生の矛盾からの根本的解放の道は、労働者階級の解放のなかにあります。労働者階級の資本家階級のもとへの経済的隷属からの解放が、いっさいの支配・抑圧(差別)の廃絶の根拠であり、労働者階級の資本主義社会の根本的転覆―革命に向けた闘いと団結こそが勝利の展望です。ここに向け、ともに闘うことを呼びかけます。全学連とともに闘おう。

(2018.4.10)

全学連と共に闘おう! 連絡先・連絡方法はこちら               home              2018.04記